トップ

クリニックの常識

クリニックについて知る

クリニックによるシミ治療の内容

美容外科などのクリニックは、主に見た目の問題を改善するための治療を実施しています。近年になり、特に力を注いでいるのが加齢による不調を対象としたアンチエイジングであり、シミやしわなどを改善するための多様なメニューが実施されています。レチノイン酸も、その内の一種です。クリニックで実施されているレチノイン酸治療は、お肌の表面部分の角質層を剥離して表皮の基底細胞の分裂を促進することにより、表皮に蓄積しているメラニン色素を皮膚の表面部分に押し出してシミを改善したり、真皮のコラーゲンを増やしてシワを改善するという内容です。

レチノイン酸の効果。

小じわやシミなどの治療でクリニックから処方されるクリームのひとつがレチノイン酸が配合されている物です。レチノールというビタミンの誘導体のことで、誘導体にすることで肌内で酵素と半負うしてビタミンAに還元されます。クリニックで処方されるレチノイン酸はピーリング効果や肌のターンオーバーを促すことを期待することができ、シミやシワだけでではなくソバカスやニキビ跡などの改善できます。しかし、化粧品で使用することは認可されていないため皮膚科や美容専門の病院などで処方して貰うことが必要となります。また、強い成分ですので利用するときには用法用量を守って使うことが大切です。

↑PAGE TOP